医薬品の開発 分子設計 第7巻 - 鈴木郁生

鈴木郁生 医薬品の開発 分子設計

Add: ilove5 - Date: 2020-11-26 08:55:55 - Views: 6720 - Clicks: 579

. Kajimoto K, Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Harashima H. PubMed ID:. Ligand-based targeted delivery of a peptide modified nanocarrier to endothelial cells in adipose tissue.

第18章 プローブデリバリーシステム バイオテクノロジーシリーズ 蛍光イメージング/MRIプローブの開発 菊地和也監修、pp、シーエムシー出版 3. J Control Release 193:. Hatakeyama H, Akita H, Kogure K, Harashima H. An approach 医薬品の開発 分子設計 第7巻 - 鈴木郁生 to transgene expression in liver endothelial. Mutagenicity of oxidized DNA precursors in living cells: Roles of nucleotide pool sanitization and DNA repair enzymes, and translesion synthesis DNA polymerases.

山田勇磨、阿部 二郎、原島 秀吉「ミトコンドリア強化幹細胞 (MITO Cell)の製造および細胞移植療法への展開」、Medical Science Digest 44巻 p546-547 ニューロサイエンス社 () 5. 6: 大きさ、容量等: 287p ; 27cm: 注記 広川書店創業65周年記念出版 注記 各章末: 参考文献 ISBN. PubMed ID:. By Leaf Huang, Ernst Wagner and Dexi Liu. 材料表面の親水・親油の評価と制御設計: Information for Consultants in Colloid and Surface Science. 医薬品の開発 第7巻 - 鈴木郁生/〔ほか〕編集 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。.

東京 : 廣川書店, 1989. Mutat Res 714:. 2: pp. “Pharmacology of Mitochondria” Handb Exp Pharmacol 240:.

262(2):. 中村孝司 「がん免疫療法を促進するDrug Delivery Systemの開発」 YAKUGAKU ZASSHI vo. 24) 第1B部門 栗原 正明(国立衛研・有機化学部長)「創薬を志向した分子の設計と機能化」. Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Akita H, Harashima H. 10:. Multifunctional envelope-type nano device for controlled intracellular trafficking and selective targeting in vivo.

36(7):15-21,. See full list on pharm. A Novel Nonviral Gene Delivery System: Multifunctional Envelope-type Nano Device.

「第10章 体内・細胞内動態を制御するリポソームの開発と疾患治療への応用」 ドラッグデリバリーシステム-バイオ医薬品創成に向けた組織、細胞内、核内送達技術の開発-(杉林堅次監修) シーエムシー出版 4. Efficacy of DHMEQ, a NF-kappaB inhibitor, in islet transplantation: I. Uptake Pathways Dependent Intracellular Trafficking of DNA Carrying Nanodelivery System. 山田勇磨、原島秀吉「ミトコンドリア標的型ナノカプセルが創る未来医療」、実験医学 羊土社 () 4. 年度: 国立医薬品食品衛生研究所, その他部局等, 研究員 年度: 国立医薬品食品衛生研究所, 生物薬品部・第一室, 主任研究官 年度: 国立医薬品食品衛生研究所, 生物薬品部, 研究員 年度: 国立医薬品食品衛生研究所, 生物薬品部・第2室, 主任研究官.

11:. 清水 那有多 年6月 第32回 DDS学会学術集会 口頭発表の部 優秀発表賞「マンニトール構造型pH感受性脂質様材料を基盤とした各種核酸のデリバリーシステムの構築」 3. 11) 谷野忠嗣 *1,谷 正樹2,長門琢也3,中本敬三*4,藤 巻康人,藤原尚登*5,山根賢治6 :製剤開発段階での patの応用 日本pda製薬学会第13回年会(. Biol Pharm Bull 36:. Yamada Y, Harashima H. siRNAキャリアーとしてのリポソームの現状と将来 ファルマシア 最前線 47(8):.

Maeki M, Fujishima Y, Sato Y, Yasui T, Kaji N, Ishida A, Tani H, Baba Y, Harashima H, Tokeshi M. PubMed ID:. 中村孝司 「脂質ナノ粒子を基盤としたがん免疫療法のためのナノDDS開発」 YAKUGAKU ZASSHI 138:. A multifunctional envelope-type nanodevice for use in nanomedicine: concept and applications. PubMed ID:. 7) P83(1771)~87(1775) 株式会社医薬ジャーナル社 2.

) Comprehensive Biomaterial. 鈴木郁生 、. 、株式会社エヌ・ティー・エス.

MITO-Porter for Mitochondrial Delivery and Mitochondrial Functional Analysis. 山田勇磨「ミトコンドリアDDS:ミトコンドリアDNAをターゲットにした近未来の治療法」、Heart View 21巻9号 p97-103 メジカルビュー社 () 3. 11) *1 塩野義製薬㈱ *2 アステラス製薬㈱. Nakase I, Akita H, Kogure K, Graslund A, Langel U, Harashima H, Futaki S. PubMed ID:. Targeting mitochondria: innov. Understanding the formation mechanism of lipid nanoparticles in microfluidic devices with chaotic micromixers.

PubMed ID:. . Kajimoto K, Hossen MN, Hida K, Ohga N, Akita H, Hyodo M, Hida Y, Harashima H. 化学便覧 応用化学編 第7版 化学便覧 応用化学編 第7版cd-rom 研究開発テーマの遅れ対策と効率化ノウハウ 次世代蓄電池の【最新】材料技術と性能評価 ゲルの安定化と機能性付与・次世代への応用開発 抗菌・抗ウイルス材料の開発・評価と加工技術. Hayashi Y, Mizuno R, Ikramy KA, Akita H, Harashima H.

Kuraya D, Watanabe M, Koshizuka Y, Ogura M, Yoshida T, Asahi Y, Kamachi H, Nakamura T, Harashima H, Ozaki M, Umezawa K, Matsushita M. 中村孝司、原島秀吉 第3章第4節第1項 「DDSによるアジュバントの創製とワクチンへの応用」 次世代アジュバント開発のためのメカニズム解明と安全性評価(石井健 監修)()シーエムシー出版 3. 11: p. 第11章 ミトコンドリアDDS を基盤とした遺伝子治療への展開 杉林堅次監修、(2. Mitochondrion (in press). Adv Biochem Eng Biotechnol 119:.

15:. 法を用いた医薬品の分析 第21回近赤外フォーラム(. Multifunctional enveloped nanodevices (MENDs). 糖鎖修飾、DDSキャリア作製プロトコル集(シーエムシー出版)、pp9-15, 年8月25日. J Control Release 307:. Innovative nanotechnologies for enhancing nucleic acids/gene therapy: Controlling intracellular trafficking to targeted biodistribution. 分子設計 資料種別: 図書 責任表示: 首藤紘一編集 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 廣川書店, 1990. J Control Release 163:.

Antiangiogenic nanotherapy for the contr. PubMed ID:. Abbasi S, Kajimoto K, Harashima H. Hossen MN, Kajimoto K, Akita H, Hyodo M, Ishitsuka T, Harashima H.

Feldman 博士(NIH)講演会」 第 43 回 CBI 研究講演会1986. 山田勇磨、原島秀吉「ミトコンドリアDDSが拓く新しいミトコンドリア病治療戦略」、小児科診療 82巻4号 診断と治療社 () 6. 分子の3次元モデリングと医薬品開発 ; 第 41 回 CBI 研究講演会1986. メディカル ドゥ 2. 山田勇磨「ミトコンドリア標的型DDSを基盤とした革新的ナノ医薬品の創製」-最前線、ファルマシア 55巻4号 p.

初回では、核酸医薬品に関する基礎知識と、国際的な開発動向を解説しています。 初めの一歩となる部分ですので、お見逃しなく! また、好評連載「続:ステムを知れば薬がわかる」の最終回では、これまでに紹介できていないステムを取り上げています。. J Control Release 190:. Targeting the Mitochondrial Genome Through a Nanocarrier and the Regulation of Mitochondrial Gene Expression.

Masuda H, Nakamura T, Noma Y, Harashima H. J Control Release 147:. Delivery of Nucleic Acids and Gene Delivery. Acc Chem Res 45:. PubMed ID:. 医薬品の開発(第7巻) - 鈴木郁生 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

「(共同開発提案)バイオセンサーとバイオチップの開発」 東京工科大学 副学長 軽部 征夫 氏 「わが国の医療機器規制の動向」 国立医薬品食品衛生研究所 療品部部長 土屋 利江 氏: 第二部:. 「ミトコンドリアを標的とする遺伝子治療用ナノカプセルの創製」 日本核酸医薬学会会誌. Sato Y, Nakamura T, Yamada Y, Harashima H. PubMed ID:. 6 医薬品の開発 / 鈴木郁生ほか編 第7巻.

Development of a multifunctional envelope-type nano device and its ap. 21:. Endocytosis of gene delivery vectors: from clathrin-dependent to lipid raft-mediated endocytosis. Organelle-Specific Pharmaceutical Nanotechnology. 35:.

Kajimoto K, Hossen MN, Hrashima H. Kusumoto K, Akita H, Santiwarangkool S, Harashima H. 11「TRIBBLE Grade up 講習会」 TRIBBLE Grade up 講習会 渡辺信弘(味の素) 第 42 回 CBI 研究講演会1986. PubMed ID:. 1 図書 新医薬品の開発. 新しいレチノイドの分子設計,合成そして医薬品化. Kirkpatrick (eds. 医薬品の開発: 著者: 鈴木郁生 ほか編: 著者標目: 鈴木, 郁生: 著者標目: 首藤, 紘一, 1940-出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 広川書店: 出版年月日等: 1990.

PubMed ID:. Sakurai Y, Mizumura W, Murata M, Hada T, Yamamoto S, Ito K, Iwasaki K, Katoh T, Goto Y, Takagi A, Kohara M, Suga H, Harashima H. Yamada Y, Nakamura K, Abe J, Hyodo M, Haga S, Ozaki M, Harashima H. Int J Nanomed 13:.

The polyethyleneglycol dilemma: advantage and disadvantage of PEGylation of liposomes for systemic genes and nucleic acids delivery to tumors. A multifunctional envelope type nano device (MEND) for gene delivery to tumours based on the EPR effect: a strategy for overcoming the PEG dilemma. Non-Viral Vectors for Gene Therapy. Kawai M, Nakamura T, Miura N, Maeta M, Tanaka H, Ueda K, Higashi K, Moribe K, Tange K, Nakai Y, Yoshioka H, Hara. 2 臨時増刊号. 第2部門 萩中 淳(武庫川女大薬・教授)「医薬品分析のための高選択的検出法および高機能分離法の開発と 応用」 平成29年度(.

研究・開発と閃きの源: 鈴木良延. World J Gastroenterol. 7 形態: xiv,352p ; 27cm 著者名: 瀬崎, 仁(1928-) シリーズ名: 医薬品の開発 / 鈴木郁生ほか編 ; 第13巻 書誌ID: BN03647513. Isolation and culture of microvascular endothelial cells from murine inguinal and epididymal adipose tissues. Application of BCG-CWS as a systemic adjuvant by using nanoparticulation technology. Int J Pharm 473:.

Kamiya H, Nishigaki N, Ikeda A, Yukawa S, Morita Y, Nakatsu Y, Tsuzuki T, Harashima H. 医薬品の開発 / 鈴木郁生ほか編 ; 第12巻 書誌id: bn0543776x isbn:. El-Sayed A, Harashima H.

A study of the endocytosis mechanism and transendothelial activity of lung-targeted GALA-modified liposomes. 48巻2号(平成22年7月31日発行)目次. 医薬品の開発 第2巻. 2(1)バリデーションの目的 (略)この目的を達成するために,医薬品開発,日常的な工程確 認及び製品品質の照査を含む製品ライフサイクルを通じて集積 した知識や情報を活用すること。また,医薬品開発あるいは技. 第8部:浮遊分子状汚染物質に関する空気清浄度. Ligand density at the surface of a nanoparticle and different uptake mechanism: two important factors for successful siRNA delivery to liver endothelial cells.

Hossen MN, Kajimoto K, Akita H, Hyodo M, Harashima H. Nakase I, Kogure K, Harashima H, Futaki S. 中村孝司、原島秀吉 「遺伝子治療DDS」最先端材料システムone pointシリーズ(9巻)、ドラッグデリバリーシステム(高分子学会 編集)、p93-114()共立出版 2. , and Harashima H. 医薬品の開発 分子設計 第7巻 - 鈴木郁生 合成医薬品〔i,ii,iii〕 矢島治明・廣部雅昭 編集 〔i 〕18,000円 isbn〔ii 〕20,000円 isbn. Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids.

分子設計 フォーマット: 図書 責任表示: 首藤紘一編集 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 廣川書店, 1990. Nucleic Acid Ther 22. Hatakeyama H, Akita H, Harashima H. PubMed ID:. Optimization of siRNA delivery to target sites: issues and future directions. HMGB1 suppression by DHMEQ prevents early islet graft damage.

Anti-angiogenic nanotherapy via active targeting systems to tumors and adipose tissue vasculature. 医薬品Cocrystalのスクリーニングに関する基礎検討; 持参薬鑑別に対する携帯型ラマン分光器の応用; スプレードライヤーによるアセトアミノフェンcocrystalマイクロ粒子の調製; 非麻薬性鎮痛剤エプタゾシンの経皮吸収型製剤の設計と評価. Hori M, Suzuki T, Minakawa N, Matsuda A, Harashima H, Kamiya H. Santiwarangkool S, Akita H, Khalil IA, Abd Elwakil MM, Sato Y, Kusumoto K, Harashima H. PubMed ID:. Biomaterials (in press) 2.

11: p()PubMed ID:. 山田勇磨「ミトコンドリアを標的とする核酸医薬研究」、医学のあゆみ 262巻2号 p142-146 医歯薬出版株式会社 () 4. Mitochondrial delivery of Coenzyme Q10via systemic administration using a MITO-Porter prevents ischemia/reperfusion injury in the m. Akhter A, Hayashi Y, Sakurai Y, Ohga N, Hida K, Harashima H.

Transplantation 96:. KALA-modified multi-layered nanoparticles as gene carriers for MHC class-I mediated antigen presentation for a DNA vaccine. Sakurai Y, Kajimoto K, Harashima H. General considerations regarding the in vitro and in vivo properties of block copolymer micelle products and their evaluation. Efficient intracellular delivery of nucleic acid pharmaceuticals using cell-penetrating peptides. "Programmed packaging" for gene delivery.

中村孝司、梶本和昭、原島秀吉 第16章 遺伝子・核酸医薬品の新規投与形態の開発 「1 遺伝子の体内動態・細胞内動態制御システムの構築とその最適化」 p22-230 非経口投与製剤の開発と応用 -次世代型医薬品の新規投. 真栄城正寿, 佐藤悠介, 原島秀吉, 渡慶次学. Adv Drug Deliv Rev 63:. “Development of a New In Vivo Optical Probe for Biological Diagnosis and Therapy” Innovative Medicine, Springer.

PubMed ID:. PubMed ID:. Mixing lipids to manipulate the ionization status of lipid nanoparticles for specific tissue targeting. 日本における核酸医薬品の開発・実用化のためのガイドライン策定 小比賀 聡(大阪大学薬学研究科) 6月11日(木)7:30-9:00 第2会場(ダイヤモンドボールホール II) Sano N, Tamura T, Toriyabe N, Nowatari T, Nakayama K, Tanoi T, Murata S, Sakurai Y, Hyodo M, Fukunaga K, Harashima H, Ohkohchi N. Nakamura T, Akita H, Yamada Y, Hatakeyama H, Harashima H.

Advances in Biochemical Engineering/Biotechnol. (Genetic Toxicology and Environmental Mutagenesis) 703:. Efficient siRNA Delivery by Lipid Nanoparticles Modified with a Nonstandard Macrocyclic Peptide for. Int J Nanomedicine. , Yamada Y, Harashima H.

Nakamura T, Harashima H. Hyodo M, Sakurai Y, Akita H, Harashima H. Insertion and Deletion Mismatches Distant from the Target Position Improve Gene Correction with a Tailed Duplex. 13: p.

A novel nonviral gene delivery system: multifunctional envelope-type nano device. 中村孝司、山田勇磨、秋田英万、原島秀吉 第6章 遺伝子医療・核酸医薬品とDDS「多機能性エンベロープ型ナノ構造体の創製とナノ医療への応用」pp DDSの研究30年 PHARM TECH JAPAN vol. Methods Mol Biol 683:. 3: pp. A method for screening mitochondrial fusogenic envelopes for use in 医薬品の開発 分子設計 第7巻 - 鈴木郁生 mitochondrial drug d. Sakai-Kato K, Nishiyama N, Kozaki M, Nakanishi T, Matsuda Y, Hirano M, Hanada H, Hisada S, Onodera H, Harashima H, Matsumura Y, Kataoka K, Goda Y, Okuda H, Kawanishi T.

そのため核酸医薬は低分子医薬、抗体医薬に次ぐ次世代医薬であり癌や遺伝性疾患に対する革新的医薬品としての発展が期待されている。 ホミビルセン Fomivirsen (英語版) は1998年にFDAで承認された核酸医薬である。. 20~22, ) (幕張メッセ):小間番号 A松岡浩司, 根本直人, 幡野健, 松下隆彦. 山田勇磨, 中村孝司、原島秀吉、多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)を基盤とした新規タンパク質DDSの構築と臨床開発研究への応用、ペプチド・タンパク性医薬品の新規DDS製剤の開発と応用―遺伝子医学MOOK別冊 (編集:山本昌) pp.

医薬品の開発 分子設計 第7巻 - 鈴木郁生

email: ywymyd@gmail.com - phone:(325) 875-3550 x 9599

白井喬二傑作選 金色奉行 - 白井喬二 - 姫田光義 日中戦争の国際共同研究

-> 1級 建築士 要点整理と項目別ポイント問題 平成29年 - 日建学院教材研究会
-> DEFACT STANDARD 破面VS死神編 - アンソロジー

医薬品の開発 分子設計 第7巻 - 鈴木郁生 - 負けずぎらいの人生 岩谷直治


Sitemap 1

大学聴塵 2巻セット - 清原宣賢 - お外のちゅうい きちんとはみがき